鳥取大学 農学部附属 動物医療センター

  • 文字サイズ
  • ふつう
  • 大きい

TEL 0857-31-5441 受付時間/9:30〜11:30*、13:00〜15:00*「診療のご案内」で受付時間をご確認ください。

よくある病気

乳腺腫瘍

 イヌおよびネコの乳腺(お乳)は、左右の脇の下から内股まであります。中~高齢のイヌおよびネコにとって、乳腺はしこり(腫瘍)ができやすい場所の1つです。乳腺のしこりはイヌで約50%が悪性、猫では80-90%が悪性だといわれています。乳腺が広範囲なので何か所もしこりができる場合もあります。また、悪性のものの場合は、リンパ節や肺に転移することもあります。

 治療法としては第一に外科手術による摘出が選択されます。腫瘍が、リンパ節や肺に転移してしまっている場合には、抗がん剤を使用する場合もあります。鳥取大学農学部付属動物医療センターでは、腫瘍のイヌおよびネコに対する手術後の免疫療法も実施しています。お乳にしこりがあるかな?と思われた場合には、まずかかりつけの獣医さんにご相談ください。